0120-49-3652
営業時間 9:00~17:30 定休日 第2・4土曜日 / 日曜日

屋根塗装工事

  • HOME
  • 屋根塗装工事
屋根の塗り替え

屋根はなぜ塗り替えが必要なのでしょうか?

~大事な家を守ってくれる屋根塗装~

屋根はどのような建物にも存在し、毎日紫外線や雨風などにさらされています。

家の中で最も劣化しやすい箇所です。塗装などで保護することは非常に重要です。

塗装は“美観”だけでなく“保護”することが一番の目的となります。

住まいの屋根を保護している塗膜が劣化してしまうと、屋根が直接紫外線や雨風を受けてしまい家自体の劣化につながってしまいます。

一般的に「10年に一度」と言われる、屋根や外壁塗装ですが、これはあくまで目安に過ぎません。塗り替えのタイミングは、使用している屋根材、外壁材、塗料によって違いがあります。また、色によって紫外線に対して、強い弱いもあります。
(黄色系や赤系は比較的紫外線に弱い傾向があります。)

周辺環境によっても(よく車が通る道沿い、雪が多い地域など。。。)

「何年経ったから塗り替えをしなくてはいけない」という決まりがあるわけではありません。

塗り替えの適切なタイミングを見極めるには、屋根や外壁の状況を実際にチェックすることが大事です。お客様が屋根の上に上がられて、ご覧になるのは危険がございますので、当社にお任せいただければ現場の調査をさせていただきます。

このような状態でしたらご検討を!!

このような状況がありましたら塗り替えを検討する時期かもしれません。

チョーキング
チョーキング
塗装の剥がれ
塗装の剥がれ
サビ
サビ

屋根の塗り替えの工程

足場

足場

足場の設置

屋根の塗装を安全に行い、かつ品質を良くするために足場を設置します。
足場の費用は安くありませんので、せっかく足場を建てるのですから、屋根の塗装と同時に、外壁塗装をオススメしています。

下地調整

下地調整

下地処理

主にサビなどを落としていきます。
屋根材と塗膜のあいだにサビがあると塗装が長持ちしませんので、丁寧に仕上げていきます。
ひび割れがある場合は、雨漏りを防ぐために補修を行います。
トタン屋根など金属屋根では、細かいキズをつけることで、塗料がより密着しやすくなります。

下地調整

高圧洗浄

塗装の前処理として汚れを落とします。
汚れがホコリがあると、せっかく塗装したのにすぐに剥げてします結果になる場合があります。
ここの作業が非常に大事で、見えないところにも手を抜かないプロのしての腕の見せどころだと思います。

下塗り

下塗り

錆止め塗料やプライマーと呼ばれる塗料を塗ります。
屋根塗装の場合は通常サビ止め効果のある塗料を使います。

接着材剤としての役割果たし、仕上げ材の密着性を高めます。

中塗り

中塗り

サビ止め塗料(下塗り)は、下地に対する密着力やサビの抑制には優れておりますが、紫外線には非常に弱いため、それを保護するため中塗り(上塗り1回目)塗料を塗ります。

上塗り

上塗り

中塗りと合わせて、少なくとも2回は塗装します。
塗料の耐久性は主成分である“樹脂”により変わってきます。

アクリル樹脂、ウレタン樹脂、シリコン樹脂、フッ素樹脂の順により耐候性は高くなります。
また、1液より2液型の塗料の方が耐候性が高い傾向にあります。

仕上がり

仕上がり

スレート屋根の場合は“縁切り”という工程(塗装をしてしまうと、塗料が屋根材の隙間に入ってしまい、逆に水の侵入を許してしまう場合があるので、隙間を作る工程)をしてから仕上がりになります。

綺麗な仕上がりは、お客様はもちろんのことですが、職人も嬉しかったりします。

仕上がり

お問い合わせ

当社へのお問い合わせは、お電話もしくはフォームから受け付けております。
見積もり無料です。塗装に関することならお気軽にご連絡ください。

0120-49-3652 0120-49-3652
FAX 026-284-1715

【営業時間】9:00~17:30 【定休日】第2・4土曜日 / 日曜日

お問い合わせフォーム